プロフィール

Author:フレシネ×ピノ・ノアール
夫)フレシネは、システムエンジニア
妻)ピノ・ノアールは、ローフードマイスター
映画好きな夫婦

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
検索フォーム
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAYURI

Tue.15.08.2006 0 comments
SAYURI監督: ロブ・マーシャル
出演: チャン・ツィイー
    渡辺謙
    ミシェル・ヨー
    役所広司
    桃井かおり
公式サイト

フレシネ: ★☆☆☆☆
幼くして花街の置屋に売られ、花街一の芸者となってゆく女性の
運命を描く。

芸者、相撲や温泉など日本イメージがテンコ盛りだけど、
街並みや家屋が中国に見えてしまう。
芸者の芸が、派手なパフォーマンスになっていた。
むしろ、奥ゆかしい美しさこそが、日本の美徳だと思う。

脚本にも無理があって、主人公さゆりの行動が理解しがたかった。

ピノ・ノアール:★☆☆☆☆
100歩譲って、芸者を中国人が演じていることをよしとして、
セリフが英語ということもアリだと考えても、
破綻したストーリーと脚本の悪さにがっかり。

せめて、芸術的な映像美を期待したけど、それもNG。
チャン・ツィーは好きな女優だけど、
華奢なせいか、思ったより芸者姿が美しくなかったのが残念。
もっと色気というか、芸者のオーラがほしかった。

さゆりのお姐さんの豆葉は、ステキだった。
あと、子役の女の子もかわいかった。
スポンサーサイト

« サイドウェイ - Home - 死ぬまでにしたい10のこと »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。