プロフィール

フレシネ×ピノ・ノアール

Author:フレシネ×ピノ・ノアール
夫)フレシネは、システムエンジニア
妻)ピノ・ノアールは、ローフードマイスター
映画好きな夫婦

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
検索フォーム
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の生きる道

Mon.11.09.2006 0 comments
僕の生きる道 DVD-BOX (デジパック仕様セット)脚本: 橋部敦子
出演: 草剛
    矢田亜希子
    谷原章介
    森下愛子
    小日向文世
    大杉漣

フレシネ: ★★★★☆
28年間、無難に生きてきた高校の生物教師、中村秀雄。
ある日彼は、医者から余命一年と宣告される。

死を目の前にして、初めて自分に正直に生きる男を、
SMAPの草剛が好演している。

生きるとは、真の自分を知ること。
特にドラマの前半で、主人公が自分に直面する姿に、
とても感動しました。

ピノ・ノアール:★★★★☆
DVDを買ったけど、何度も何度も見ました。
忘れたころに、わすぴがまた見てます。

登場人物のキャラクターがしっかりしていて、
学校や病院、それぞれの人間関係に心が和みます。

ストーリーはシリアスなのに、
ところどころにコミカルな部分があって、
そのせいで余計に泣けます。

音楽もとっても好い。

「もう、明日があると思って生きるのを止めたんです」
ああ、ちゃんと生きようと思わせてくれるドラマ。

好きなシーンは、卵を投げるところ、
同僚の体育の先生の結婚式、
秀雄が先生を辞めると啖呵を切るところ。
スポンサーサイト

« プロデューサーズ - Home - アンダーワールド2 エボリューション »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
1 trackbacks
小日向文世
小日向文世小日向 文世(こひなた ふみよ、1954年1月23日 - )は日本の俳優。北海道三笠市出身。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。来歴・人物卒業後中村雅俊の付き人をしつつ演劇の道を目指し、1977年、串田和美が主宰する「オンシアタ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。