プロフィール

Author:フレシネ×ピノ・ノアール
夫)フレシネは、システムエンジニア
妻)ピノ・ノアールは、ローフードマイスター
映画好きな夫婦

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
検索フォーム
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミリー・ローズ

Thu.10.08.2006 0 comments
エミリー・ローズ監督: スコット・デリクソン
出演: ローラ・リニー
    トム・ウィルキンソン
    キャンベル・スコット
    コルム・フィオール
    ジェニファー・カーペンター
公式サイト

フレシネ: ★★★★☆
ドイツ人女学生Anneliese Michelに実際に起こった事件を
もとに映画化。悪魔祓いの儀式の後に亡くなった女性の
死因をめぐり、裁判が進行してゆく。

彼女は、1976年に23歳で亡くなったらしい。
つい最近の出来事です。
当時、本当に蜘蛛などの虫を食べたというから、恐ろしい。

神父がどうしても証言したいエミリーの事とは?
闇と光のコントラストが、観る者に霊的な生き方を突きつけます。
非常に重要なメッセージを含む映画でした。

最後の陪審員の台詞は、なくてもよかったかな。

ピノ・ノアール: ★★★★☆
フレシネのたっての願いで、実話ということもあってホラーに挑戦。
しかし、これは期待以上!
単なるホラーではなく、スピリチュアルな意味ふかーいお話。
大筋では本当らしいから、ちがう意味でとっても怖い。

ただ、キリスト教の知識がないと、
物足りないホラーに見えてしまうかも。

ストーリーに矛盾はなかったし、
それぞれのキャラクターもしっかりしてて見やすかった。
最後のオチには、ドキリとしましたよ。
スポンサーサイト

« 死ぬまでにしたい10のこと - Home

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。