プロフィール

Author:フレシネ×ピノ・ノアール
夫)フレシネは、システムエンジニア
妻)ピノ・ノアールは、ローフードマイスター
映画好きな夫婦

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
検索フォーム
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨あがる

Mon.28.08.2006 0 comments
雨あがる 特別版監督: 小泉 堯史
原作: 山本 周五郎
脚本: 黒澤 明
出演: 寺尾 聰
    宮崎 美子
    三船 史郎
    檀 ふみ

フレシネ: ★★★★☆
故・黒澤明監督の遺稿脚本を、黒澤組のスタッフが映画化。
心優しい三沢伊兵衛は、剣の達人であるが仕官ができず、
浪人生活を続けている。
彼は、長雨のため妻と共に安宿に長逗留することになった。

黒澤監督の覚え書きに、「見終って、晴々とした気持ちに
なる様な作品にすること」とある。
特に安宿の人々の描き方が、黒澤監督を思わせ、
スタッフの亡き監督を偲ぶ気持ちが、とても伝わってくる。

ピノ・ノアール: ★★★★☆
登場人物の人のよさに、心洗われる。
寺尾聰が演じる浪人の、ていねいな言葉遣いに癒され、
宮崎美子が演じるその妻は、これが妻のお手本か!と感服。

長雨で不潔な宿に寝泊りする、貧しい人々の様子が見事。
殿様役の三船史郎のセリフの棒読みは、ご愛嬌。
スポンサーサイト

topTop

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。