プロフィール

フレシネ×ピノ・ノアール

Author:フレシネ×ピノ・ノアール
夫)フレシネは、システムエンジニア
妻)ピノ・ノアールは、ローフードマイスター
映画好きな夫婦

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
検索フォーム
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メメント

Mon.23.10.2006 1 comments
メメント監督: クリストファー・ノーラン
出演: ガイ・ピアース
    キャリー=アン・モス
    ジョー・パントリアーノ
    マーク・ブーン・Jr
    スティーヴン・トボロウスキー
    ジョージャ・フォックス

フレシネ: ★★★★☆
前向性健忘という、10分間しか記憶を保てない記憶障害を
もつ男が、妻殺しの犯人を追う。

時間通りに順行する場面と、時間を逆行する場面が交互に
描かれ、時間が出会う場面をラストに描いた構成が見事。
ラストは時間上では物語の中ほどなのだが、衝撃の事実が
明かされる。

この時間軸を解体した構成によって、10分間しか記憶を
保てない主人公と同じような気分を味わうことができる。
そしてラストでは、主人公の想いが何とも悲しく伝わってくる。

人は、事実を記憶しているようにみえるけれど、実は
ただ自分が記憶したいことを記憶しているのだと思う。

ピノ・ノアール: ★★★★☆
この映画は、スゴイ!
監督の非凡な才能が、発揮されている。

複雑な構成なのに、とってもわかりやすいところがスゴイ。

全編を時間軸通りに編集したバージョンもDVDに入っているけど、
これはちっとも面白くない。
編集の仕方でこんなにもちがうのかと、圧巻。

10分しか記憶がなければ、一体、誰を信頼したらよいのか?
自分さえも信頼できないという、悲しい映画。
スポンサーサイト

ステイ

Mon.23.10.2006 0 comments
ステイ
監督: マーク・フォースター
出演: ユアン・マクレガー
    ナオミ・ワッツ
    ライアン・ゴズリング
公式サイト

フレシネ: ★★☆☆☆
3日後に自殺すると予告して姿を消した若者を救おうと、
精神科医サムは彼の行方を探すのだが…。

特に後半、意味不明なシーンの連続に翻弄されるが、
ラストですべての意味が解ける。
細かい仕掛けが随所にちりばめられているけれど、
二度以上見ないと、その意味は分からないだろう。

現実と虚像が交錯するような映像は見事だけど、
疲れているときに観ると寝てしまいそう。

ピノ・ノアール: ★★★☆☆
はっきり云って、見終わっても意味がわからなかった。
でも、雰囲気がとてもよかった。

公式HPの解説「迷宮からの脱出」を見て、納得。
ちなみに「ブ○ックリン橋」という
パスワードを入れないと開きません。
ネタばれ厳禁の映画なので、見終わった後にしてくださいね。

始終、これはどこにつながるんだろうと考えているうちに
どんどん話が展開していく。
ちょっと凝りすぎかなぁと感じるけど、それほど嫌味でもない。

君に読む物語」のライアン・ゴズリングの寂しい笑顔が印象的。
ナオミ・ワッツも、ユアン・マクレガーもすごくいい。

もう一度、じっくり見たい映画。

エミリー・ローズ

Thu.10.08.2006 0 comments
エミリー・ローズ監督: スコット・デリクソン
出演: ローラ・リニー
    トム・ウィルキンソン
    キャンベル・スコット
    コルム・フィオール
    ジェニファー・カーペンター
公式サイト

フレシネ: ★★★★☆
ドイツ人女学生Anneliese Michelに実際に起こった事件を
もとに映画化。悪魔祓いの儀式の後に亡くなった女性の
死因をめぐり、裁判が進行してゆく。

彼女は、1976年に23歳で亡くなったらしい。
つい最近の出来事です。
当時、本当に蜘蛛などの虫を食べたというから、恐ろしい。

神父がどうしても証言したいエミリーの事とは?
闇と光のコントラストが、観る者に霊的な生き方を突きつけます。
非常に重要なメッセージを含む映画でした。

最後の陪審員の台詞は、なくてもよかったかな。

ピノ・ノアール: ★★★★☆
フレシネのたっての願いで、実話ということもあってホラーに挑戦。
しかし、これは期待以上!
単なるホラーではなく、スピリチュアルな意味ふかーいお話。
大筋では本当らしいから、ちがう意味でとっても怖い。

ただ、キリスト教の知識がないと、
物足りないホラーに見えてしまうかも。

ストーリーに矛盾はなかったし、
それぞれのキャラクターもしっかりしてて見やすかった。
最後のオチには、ドキリとしましたよ。

topTop

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。